SONOROUS IV

バランスドアーマチュア型+50mmφダイナミック型ドライバーユニットとのハイブリッド型とBAM機構との相乗効果により、ハイレゾ音源の特長を生かす、クリアな音質と広く奥行きのあるサウンドステージを実現しました。静けさの中から楽器の音が立ち上がる響きの生々しさを感じて頂く事が可能です。

>>試聴機貸し出し中!!

特長

 低音と奥行きのある立体的な空間再生を実現するBAM機構振動板前後の空気圧のバランスを取り、低音と奥行きのある立体的な空間再生を実現するBAM機構( Balancing Air Movement )。
 自社開発バランスドアーマチュア型ドライバーユニット

ツイーターとして最適化された自社開発バランスドアーマチュア型ドライバーユニット。 音質を追求して、磁気回路には透磁率の高いパーマロイを使用する等素材の選択までこだわりました。


 新開発50mmφダイナミック型ドライバーユニット

SONOROUSのために新開発した50mmφドライバーユニット。部品精度を高める事で、磁気回路、ポールピースとヨーク間のギャップを通常品よりも狭くする事が可能になりました。強力なネオジム磁石とあいまって、高い磁束密度を実現。明瞭な音質に繋がっています。タンジェンシャルエッジの形状を見直して、微細信号への追従性を高めた軽量振動板。ボイスコイルはアルミクラッド銅線CCAW。髙い駆動力を持った磁気回路に、軽い振動系を 組み合わせ、明瞭で歯切れの良い低音を実現しました。前面を保護するプロテクターの形状も見直しました。ドライバーユニットから出る音を阻害しないように、また不要な響きが付加されないよう、 出来るだけ細くかつ強度の高い形状を追求。クリアな音質に貢献しています。

 最適な「張り」 で心地よいフィット感 のイヤーパッド

音質に重要な役割を果たすのは、イヤーパッドと耳とのフィッテングです。隙間があると低音が失われ、イヤーパッドが耳を押す圧力が強すぎると、不快な上に、低音の音圧が上昇しすぎて、音質にも悪影響が出てしまいます。それにも関わらず、イヤーパッドは進化する事なく、長年に渡り、同じ構造で作られてきました。私達は、イヤーパッドの開発にあたり、コルセット開発に携わったエンジニアを新たに参加させる事で、耳とイヤーパッドとのフィットの仕組みを見直しました。最適な伸縮性を持った合成皮革とスポンジのカッティングを追求。合成皮革とインナーフレームの接着には超音波融着を用いるなど、適切な技術を採用する事で、皺のない立体的で最適な「張り」のある形状を構築。自然で心地よいフィット感を実現しました。

 アルミ製バックプレート

ドライバーユニット背面の空気圧バランスを取るための 1.5mm厚アルミ製バックプレート。空気圧のバランスだけではなく、不要な振動の抑制にも大きな効果を発揮しています。

 硬質ABS製筐体、マット塗装仕上

硬質ABSハウジングは髙い精度を実現するために、成型材の 流動性に至るまで十分にシミレーション。高級カメラレンズにも使われるマット塗装仕上を施し、不要振動を抑制しています。

 ロック機構付着脱式ケーブル

ヘッドホン側のコネクターには金メッキ3.5mmφモノラルプラグを採用。長年の実績のあるコネクターを採用する事で、経年変化による 接触不良のトラブルを回避。90度回転式ロック機構付のケーブルです。

 

イヤーパッド交換方法