LAB I

フルレンジ デュアル バランスドアーマチュア ドライバーユニットによって、量感のある低音を実現。3Dプリンターによって成形された64チタン製筐体を採用。不要な振動を抑える一体形状で臨場感ある音楽再生を可能にしました。

【LABシリーズについて】
「今までに無いものを作る」をコンセプトとし、チャレンジのある製品をfinal LAB (laboratory) series として、今後販売して参ります。

特長

 低音と奥行きのある立体的な空間再生を実現するBAM機構 ( Balancing Air Movement )

バランスドアーマチュア型ドライバーユニットは、鉄片を駆動させて音を出すという構造上いくつかの問題を抱えています。

 フルレンジ デュアル バランスドアーマチュア型ドライバー

ファイナルオーディオデザイン オリジナル、フルレンジ バランスドアーマチュア型ドライバーユニットをデュアルで使用。量感のある低音を実現しました。

 3Dプリンター造形64チタン製筐体

3Dプリンターによる造形は、データがあれば、ボタン一つで出力されるものではありません。とりわけ金属による造形には、視点ごとに異なるノウハウが必要です。その一つずつについては、定量化し、形式知として蓄積していきます。しかし、異なる複数のノウハウをどのような優先順位で組み合わせるか、については職人的な洞察力が必要です。3Dプリンターによる金属造形は、職人的な仕事を不要にするどころか、最終製品の形状、コスト、精度、表面の平滑度他、様々な要素を考慮して出力データを制作するかを考える、デジタル職人とも言える人材を必要としているのです。今回の筐体を出力する最適なデータを導くために、数多くの試作を行いました。

表面仕上げもまた、容易ではありません。3Dプリンターは金属の粉末に極めて狭い範囲でレーザーを照射、融解、凝固を繰り返して造形します。そのため、表面はレーザー照射の痕が残る粗い仕上がりとなります。これを磨き仕上げとするにも、造形と同様多くのノウハウが必要です。製品としての精度を保った上で、磨き仕上げとするのは不可能だと考えられてきました。今回、金属特殊加工専門のコーディネイターの協力を得て、日本の職人技を様々な形で組み合わせ、3Dプリンター出力に加えて、元々磨き難い64チタン筐体に、美しい磨き仕上げを実現いたしました。

 選べる5サイズのオリジナルイヤーパッド

耳道を密閉するシリコン製イヤーパッドの薄い部分は、盛大に共振します。密閉度を上げ、遮音性を高めるほど、その共振音の影響も大きくなります。イヤーパッドの共振による低音は、常に鈍く響き、音楽の生々しさを削いでしまいます。ファイナルでは100種類以上のサンプルを制作、最も自然な低音再生を可能にするイヤーパッドを新たに採用しました。また、サイズをSS、S、M、L、LLの5サイズに細かく分け、よりフィットするものをお選び頂けるようになりました。

 ステンレス製メッシュフィルター+音響レジスター

ステンレス製メッシュと音響レジスターにより、中高音のバランスを整えています。

 タッチノイズを抑えたオリジナルフラットケーブル

ケーブルの柔軟性を高め、厚みを増す事でタッチノイズを減らしました。

パッケージ、付属品等
キャリーケース、保証書が同梱されています。